画像の透過・透明な背景とはなんですか?どうやってつくるのですか?

背景が透明な画像は、透明な窓ガラスの上に絵を描いたような状態です。何も描いていない部分からは向こうの風景が見えます。うっすら向こうが見えるような半透明の部分もあるでしょう。
背景が透明ではなく白の場合は、真っ白な壁に絵を描いたような状態です。何も描かれていない部分であっても、壁の向こうは見えないでしょう。

背景が透明な画像を作るには、画像編集ソフトでイラストを描いた後、背景を透明に設定した上で、PNG形式で画像を保存する必要があります。
画像編集ソフト上で透明に見えていても、JPEG(jpg)形式の画像で保存すると、透過情報が消えてしまうので注意してください。
PC用ソフトはもちろん、一部のスマートフォン向けアプリでも透過PNGを作成することができますので、ぜひ挑戦してみてください。

ibisPaintの場合
ibisPaintは、初期状態でイラストの背景が白に設定されています。
一旦作品を編集し、背景を透明にしてからマイギャラリーに戻り、PNG形式で保存してください。



MediBangの場合
左下のメニューより、「png/jpeg形式でエクスポート」を選択し、「PNG(透過)」形式で画像を保存してください。

この記事は役に立ちましたか?
21人中13人がこの記事が役に立ったと言っています