アクリルキーホルダーの白版(イラストの後ろに印刷する白い部分)がずれて見えます。

2016年9月21日より、アクリルキーホルダーの白版データの生成方法を改善いたしました。
以前よりもほとんど目立たない仕上がりになっております。

以前はデザインの形状通りに、白版データを生成していたのですが
解像度の低い場合や、輪郭にアンチエイリアスがかかっている場合に、
不透明な領域もデザインと判定されて、その部分にも白版データが生成されておりました。
そのため、イラストの輪郭よりも大きく白版が印刷されて、ずれた見た目になっていました。

こちらは長らくシステム上の仕様だったのですが
不透明度が30%以下の部分(ほぼ透明に見える部分)については、
白版データの生成を行わないよう改善をいたしました。
そのため、イラストの輪郭周辺のぼやけた部分について、白版の印刷がほぼ目立たなくなっております。

ただし、印刷の都合上、微細なずれは発生いたしますので、
0.1mm程度の部分的に見られる白版については、仕様としてご容赦くださいませ。
また、半透明なデザインや、透明度のあるグラデーションは、再現できかねますのでご了承ください。

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています