アクリル製品で不透明度が低いとどんな仕上がりになりますか?

アクリル製品の製造では、デザイン領域に白ベタをひいており、その上にデザインを印刷しています。
そのため、不透明度が低ければ低いほど、水彩絵の具に水を混ぜるように色の薄い印刷になります。
不透明度が30%未満の部分については、デザインがほとんど見えない仕上がりとなります。

下記は不透明度が100~0%のデータで製造をおこなったサンプルになります。

▼入稿データ

_____.png

 

▼【ノイズを確認する】をクリックして、確認できる透過状況

bde4f657-a64d-421e-8c4c-036d65a82400.png

[ 不透明度が99~31%の場合 ]…輪郭以外で赤色になっている箇所
白ベタはひかれますが、不透明度に合わせて色の薄い印刷になります。

[ 不透明度が30%未満の場合 ]…緑色の箇所
白ベタはひかれず透ける仕上がりになりますが、非常に薄い印刷になりますので、
デザインや色が視認できない可能性がございます。
また、白いデザインは印刷されません。

▼上記のデザインで作成したアクリルキーホルダー

__.png

この記事は役に立ちましたか?
4人中4人がこの記事が役に立ったと言っています